ニュース&トピックス

過去の一覧

2016.9.10

アスパルシーラー CS-400

中部総業のCS-400シーラーは、2mm幅×390mm長のヒーター線を装備したシール機です。低価格ながら、390mm長さまでのヒートシールが可能ですので、いろいろな用途に便利使えます。

電源100V
シール巾2mm×シール長390mm、下側加熱
機械寸法80mm×550mm×180mm
重量5.5kg

※この商品は富士インパルス製ではありません。


シーラー~冷却時間について
完全なヒートシール加工をするには『冷却工程』が重要となります。フィルムを溶着するには、溶着部分をシールバーで強い圧力をかけて押さえ込んだ上、加熱⇒ 冷却する必要があります。

加熱時間(温度)は、フィルムによって変わってきますが、冷却時間は通常ですと加熱時間の3倍程度必要となります。たとえば、加熱時間が0.5秒の場合、冷却時間はおよそ1.5秒必要ということになります。

ショップシーラーや足踏みシーラーの場合、加熱時間はボリュームで設定しますが、冷却時間は、作業者の判断になります。シールバーでフィルムを挟み込んで、加熱ランプが点灯・消灯しても、すぐにシールバーを離して、フィルムを解放してしまうと、本来の冷却が行われず、シール面は濁ったり、しわしわになったりします。

きちんとした溶着を行うためには、加熱ランプが消えてから、加熱時間の3倍程度を目安に、シールバーをそのまま保持してください。これにより、透明感が高く、シワの無い、しっかりした溶着ができます。


【注意!】エージレスを使用する場合は、上下ヒートシール機種(FT-130、FT-230、FI-200-10W等)をおすすめいたします。



富士インパルスシーラー>ポリシーラー


この商品を買った人は、こちらの商品にも興味を持っています。


ショップシーラー FS-215


溶着部シール不良チェックに「シールチェックスプレー」のご使用をおすすめします。


シールチェックスプレー(1本)

シーラー機でヒートシールした箇所が、完全に密閉されているかどうかは、通常目視しただけでは確認できません。シール状態(ピンホールの有無)をチェックするために、この「エージレスシールチェック」スプレーをお使い下さい。


【関連商品】
●ショップシーラーFS
●ポリシーラーP
●厚物シーラーT-130K/230K
●電動シーラーFA
●足踏み式シーラー
●米袋用シーラーFR
●水物用シーラー
●脱気シーラー
●OPLシーラー
●超音波シーラー
●機種別 消耗部品
●トップページに戻る


業務用商品のため、商品特性上、ご注文確定後の商品の変更・交換・返品・キャンセル等には原則として対応いたしかねます。大変おそれいりますが、ご理解ご了承のほど、お願い申し上げます。

1年を振り返り、新年度への活力をアップ!専門家や実践者と日頃の実践を共有し合うワークショップは臨場感あふれる新しい学び。

ページ上部へ戻る