ニュース&トピックス

過去の一覧

2016.9.10



・自己完結
作動部に内蔵したバネと端子箱内部に搭載したCDSにより、押付停止時や万が一の過負荷時でも過電流を検知し、モータを自動停止させます。停止中は内蔵バネにより押付力を保持します。
押付停止はストローク内であればどの位置でも可能です。
電気的な位置指令やリミットスイッチなどは不要です。
・環境への配慮
エア、油圧方式のような騒音、ミストの飛散がなく、環境にやさしいシリンダです。
六価クロムや鉛などの有害物質を含む部品を使用せず、梱包等についてもステープル等の金属を使用していませんので廃棄が容易です。また、2006年より施行されているRoHS指令にも対応しています。
・ランニングコスト低減
電動式ですので、使用時のみの電力消費となり経済的です。
エア方式のようにコンプレッサを常時運転させる必要がなく、大幅なランニングコストの低減が可能となります。
・高頻度運転・長寿命
従来の電動式と比較して、高頻度運転が可能です。(最大15回/分)
ボールねじの採用により、長寿命が期待できます。(期待寿命100万往復)
・簡単操作
三相電源をつなぐだけで動作可能です。
ストローク調整用のリミットスイッチも不要ですので、面倒な配線等もありません。
指定位置に到達した際に信号を出力する磁気センサー(オプション)は取付け可能です。

1年を振り返り、新年度への活力をアップ!専門家や実践者と日頃の実践を共有し合うワークショップは臨場感あふれる新しい学び。

少人数制できめ細やかな指導の中で、さまざまな素材と出会い、子ども同士も係わりあいながら、感性豊かな子どもを育てます

ページ上部へ戻る